COLUMN

映像・広告の「今」を伝える

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブランディング
  4. 伝わるブランディング動画を作る 3つのポイント 其の1

伝わるブランディング動画を作る 3つのポイント 其の1

マーケティング戦略の一環として、ブランディング動画を活用する企業が増えてきました。

企業の存在意義や商品価値、他社との差別化を図る上で重要なブランディング動画。

では、ブランディング動画を制作する上で何が大切なポイントなのかご紹介します。

 
◆POINT 1 – 企業のビジョン・ミッションを明確にする。

このブログでも、ブランディング動画を制作する上で大切なものは、

企業の持つビジョン(理念)・ミッション(方針)だと説明しています。

何のために仕事をしているのか、誰のために仕事をしているのか、

ここがブレてしまうとブランディングは始まりません。

「何となく仕事をしている」もちろんそんな企業に魅力はありませんよね。

商品だって買いたくないです。

 

企業の持つ『想い』や『理念』を映像化することでブランディング動画の力が発揮できます。

 

ここが欠けてしまうと、ブランディング動画としては失敗してしまいますのでご注意を。

 

 

 

次回はポイント2、ストーリーを持たせる。をご紹介します!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事