COLUMN

映像・広告の「今」を伝える

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Apple
  4. 売り切れが続いていたAppleWatch4

売り切れが続いていたAppleWatch4

売り切れが続いていた「AppleWatch4」。代官山のアップルストアであっさりゲット


2018年9月に発売が開始され、長いこと売り切れが続いた『Apple Watch 4』。

出張で代官山へ行った際に、アップルストアへ行ったら、ちょうど「AppleWatch4」 入荷したらしくすぐにゲットできました。

| ディスプレイがデカイ

前回のモデルから30パーセント以上、表示エリアを広げただけあり非常にディスプレイが見やすい。そのおかげで、ディスプレイに心拍数、アクティビティ、ミュージック、ワークアウト。天気予報、空気質指標など一度に表示できるようになりました。

最初は面白がって全部表示してましたが、派手すぎるのも良くないですね。

必要最低限なディスプレイに変えました。

| 健康管理を手首の上で
AppleWatch4の裏側には、2つの心拍センサーがついています。
この光学式心拍センサーが心拍数を読み取り、異常がある場合は知らせてくれます。

すげ~世の中ですね(笑)

| AppleWatchは左手?それとも右手?
AppleWatch4を購入してから1週間で感じたこと。
まず、仕事上すげ~便利。
様々な状況で、携帯電話を手元に出せない時ってありますよね。そんな時でもAppleWatchがあれば会社のメールやLINE、Facebookのメッセンジャーなどすぐに手元で確認できます。

iPhoneをマナーモードにしたままで、大事な連絡を見落とした記憶ありませんか?
そんな時も、AppleWatchが『ブルブル』と震えて教えてくれます。

この機能だけでも、買った甲斐があります。

ただ左手にAppleWatchをつけると、『SUICA』で電車に乗る時や、コンビニで買い物をする時にちょっと不便。

「右手につけろや」と言われればその通りであるが、今まで左手に時計をしていただけになんだか違和感が. . . 。


なんだかんだで今は右手にしています(笑)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事