COLUMN

映像・広告の「今」を伝える

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブランディング
  4. 求人広告に効果があるリクルート動画の作り方

求人広告に効果があるリクルート動画の作り方

最近スマホを覗くといたるところに「リクルート動画」が多くなっていますよね。
FacebookをはじめとするSNS、大手ショッピングサイト、そしてYoutube等の動画配信サイトなど。
それだけ、色々な業種で人材不足が多く、求人に力を入れているのですね。

フォーカスのお仕事の依頼でも「リクルート動画」の制作が、非常に多くなってきています。
今回は、求人広告で必須となっている、「リクルート動画」を制作する上でのポイントをご紹介します。

仕事の価値観


いきなりですが、現代の若者が仕事に求めるもの「仕事の価値観」、なんだかわかりますか?
エン・ジャパンが運営する総合求人/転職支援サービス「エン転職」が、「仕事の価値観」についてのアンケート調査結果を発表しました。

1位_プライベートを大切に働けること
2位_人間関係の良い職場で働くこと
3位_自分らしく生活ができること
4位_仕事を通じた成長が実感できること
5位_自分の能力を活かせること
出典 : エン転職

そして、6位に「より多くのお金をもらうこと」となっています。

余談ですが、私が若い頃は『お金がいっぱいもらえる』ということが一番だった気がします。
もうこの時点で私は若くはないということですね. . . 。

というように、今の若者は求めているものは、1〜3位を占める「プライベートの充実」と4、5位の「仕事のやりがい」だとわかります。

仕事に求める価値観を動画に落とし込む


ではそれを基に、
どのような「リクルート動画」を制作することが正しいのか?
それは、今働いている従業員のワークライフをわかりやすく伝えるということ。
これから社会に出ようとしている若者たちが気にしているのは、何時に出社するの? どんな内容の仕事? お昼休みはどこで食べるの? どんな雰囲気なの? 午後の休憩は? 帰宅時間は?
そして、人間関係は良いの悪いの?
ってことなんです。

いくら企業がホームページに事業内容を書いても、企業理念を書いても、若者には伝わらないのです。だって一番知りたい『どんな雰囲気なのか』『人間関係はどうなのか』などを、伝えてないんですから。

だからこそ、今働いている従業員(特に若い従業員)に、一日密着をした『リクルート動画』を制作することで、自分がこの企業で働いた時のライフワークが想像しやすいわけです。

まずは弊社の「リクルート動画」をご覧ください。

今回、出演してくれたのは”ビデオグラファー”の佐藤さん。デジタルマーケティング部でも活躍してくれています。
フォーカスってどんな会社なのか、社内の雰囲気はどうなのか。まったく弊社を知らなくても、この約120秒の動画を見てもらうことで、知ってもらう(伝える)ことができるんです。

このように、若者が『知りたいこと』を明確にし
『伝える・伝わるリクルート動画』を制作することがポイントなんです。

そして、企業が『リクルート動画』を成功させる上で最も大切なことが、
『企業理念をこっそり入れること』
なんですが、それは次回のコラムで!

ぜひ、あなたの会社でも『リクルート動画』を試してください!


こんなお悩みはありませんか?

■ 企業の想いを伝えたい

■ 優秀な人材を採用したい

■ 営業・販売力の強化をしたい

■ 企業にブランド力をつけたい

■ 競合他社との差別化を図りたい

ブランディング動画・リクルート動画で、その悩みをすべて解決します!!

動画制作から写真撮影、デザイン、ウェブ制作、SNS戦略をワンストップで行う動画マーケティングだからできるフォーカスブランディング

お問い合わせはこちらから

映像・広告制作 株式会社フォーカス

〒960-8068 福島県福島市太田町31-4

TEL 024-563-7990 / FAX 024-563-7991 / E-mail info@focus-cs.jp

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事