その撮影ホントにデジイチ動画で良いの?

映像

こんにちは、FOCUS Inc.代表のミツマ です。

 

いつまで梅雨は続くのですかね。

そろそろ会社の登山部も本格的に活動をしたいのですが、7月の尾瀬一泊の旅も伸びてしまいそうです。

山の自然や星空なんかを撮影予定だったのですが. . . ホント太陽が恋しいです。

 

仕事でもプライベートでも、写真や映像のことで、頭がいっぱいなフォーカススタッフですが、撮影するモノによってさまざまな機材を使用しています。

 

なんでもデジイチ動画で撮影すれば良いのか?

最近Youtubeなどで多く見かけるのが、デジイチでの動画撮影ですね。

一眼レフの特性を活かした『ボケ』を使い、被写体を立体的にし、ボケボケの映像とドローンで構成。

キレイで見入ってしまう動画もいっぱいありますね。

もちろん弊社でも、こういった撮影の御依頼を多く頂いております。

それは、イメージ優先のテレビCMやウェブCM、自然、食品、美容などです。

 

ちなみに弊社ではイメージ優先の制作では、デジイチではなく、シネマカメラを使用します。

こちらはCACON C300MarkIII

映像の質感もよく、どっしりとした深みのある映像が撮れます。

 

そしてこちらはSONY FS7II

こちらもシネマカメラですが、ライトな映像作り(シャープでカラフルなイメージ)が出来、明るめの企業PVなどで使用しています。

 

イメージ優先の動画コンテンツでも、使い分けが必要なんです。

  

情報優先ではどんなカメラを使うと良いのか?

それでは情報優先のテレビ番組やドキュメンタリーはどうか。

こちらはシネカメ(デジイチ動画)ではなく、ENGやデジが主流になります。

こちらがENGカメラ
こちらが通称デジと呼ばれるビデオカメラ

情報を的確に伝えるためには、しっかりと隅々まで絵で残すことが必要です。

背景がボケボケの映像では、現場の空間や情報が伝わりにくいことがあります。

 

そして情報を伝える際、カラーも大切な要素になります。

シネマカメラ(Logガンマ)の場合は、撮影時に最白部(白)から最暗部(黒)の幅(ダイナミックレンジ)を圧縮して撮影をし、編集時にカラーグレーディングを行い階調を整えます。

この方法だと白く飛んでしまいそうなピーカンの夏の空や、逆光で真っ暗になりそうな暗い部分もしっかり表現ができます。

この方法だとしっとりとした映像色が表現できます。

 

ENGカメラ(ビデオガンマ)は、撮影時に必要な部分にダイナミックレンジを100%割り当てることができます。その分階調表現が豊かになり、パリッとした映像色が表現できます。

しっかりと現場の雰囲気や情報を伝えたい時には、ENGカメラデジの撮影が必須となります。

 

まとめ

シネマカメラ(デジイチ動画)とENGカメラでは、まったく映像表現が異なります。

何を表現したいのか、何を伝えたいのかで機材も変わってきます。

 

一番大切なことは、なんだもかんでも『デジイチ』ではなく、使い分けが大切ということです。

 

動画・広告制作にオススメのFOCUS Inc.

株式会社フォーカスでは、さまざまな動画制作・広告制作に携わっています。

企業PVからテレビCM・ウェブCM作成からデザイン・印刷・ウェブ制作・SNS戦略までワンストップでご提供いたします。動画制作・広告制作の際はご検討ください!!

こんなお悩みはありませんか?
■ 企業の想いを伝えたい
■ 優秀な人材を採用したい
■ 営業・販売力の強化をしたい
■ 企業にブランド力をつけたい
■ 競合他社との差別化を図りたい

ブランディング動画・リクルート動画で、その悩みをすべて解決します!!

映像・広告制作 株式会社フォーカス
〒960-8068 福島県福島市太田町31-4
TEL 024-563-7990 / FAX 024-563-7991 / E-mail info@focus-cs.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました